収支報告および再支援のお願い

大変遅くなって申し訳ありません
収支報告がまとまりましたのでここで皆さんにお知らせしたいと思います

収入に関しては
まず振込で頂いている分
¥4,129,684 
その他現金で頂いたもの、金券等、またフリーマーケットの売上金として
\98,560頂いておりますので
合計 \4,228,244
参照記事
皆様から 多数の温かいご支援をいただいたおかげで今日まで活動を続けることができ
何とか全頭保護を完了することが出来ました
誠にありがとうございました

次に支出についてです
10月より始まりました活動ですが
2013年12月31日末日までの支出となります

なおスタッフの人件費に支出した事実はございません
発表が遅くなりましたこと
ご心配をおかけいたしましたこと、この場をお借りしまして深くお詫びいたします

10月
医療費     \69,036
備品・消耗品  \292,308
光熱費     \16,977
交通費     \31,823
家賃      \60,000
雑費     \51,053

合計 \521,197

11月

医療費     \874,560
備品・消耗品  \323,686
光熱費     \26,825
交通費     \43,440
家賃      \60,000
雑費      \16,345

合計 \1,344,856

12月

医療費     \454,480
備品・消耗品  \44,575
光熱費     \28,249
交通費     \27,340
家賃      \60,000
雑費      \18,253

合計 \632,897

総合計 \2,498,950

内訳として
大きなものは
整理用の棚(フード、砂の整理に使っています)
空気清浄機等がございました



残額 \1,729,294

レスキュー初期の備品と医療費の金額が大変大きかったため
残金はご支援頂いた金額の40%ほど、半分を下回ってしまいました

現在は皆様から頂きました支援物資とボランティアの皆様の持ち出しで何とか運営を続けております
しかしながら、シェルターで保護している猫達全頭に里親さんが見つかるまでいまだ相当の時間がかかり、近い将来資金不足、物資の不足に陥る恐れが非常に大きいものと思われます。

概算ですが月に60万円弱の費用が必要となるのではないかと思われます

今日は、誠に恐縮ながら皆様にお願いがあります。

今後の活動にご賛同いただける方がおみえでしたらご支援を頂けますようお願いいたします

どんな少額でもどんな物資でもかまいません。皆様の温かいお心遣いを頂ければ幸いです。
前回、切手・商品券等のご支援も多数頂きましたが大変助かりました

今回のご支援の募集に関しまして
前回のご支援をいただいた際 はっきり皆様にお伝えしていなかったため
ご心配をお掛けすることになってしまいましたので
ここに使用目的等を明記しておきます

支援金、物品等はシェルター運営のために使用させていただきます
多頭崩壊に関する支出に優先して使わせていただきますが
その他の猫の保護活動に使わせていただく場合もございます

具体的には医療費、消耗品、光熱費等必要経費です
また現在病院への搬送等ボランティアさんに支援頂いておりますが
ガソリン代等持ち出しとなっており、大きな負担をおかけしておりますので
交通費等のお支払に使用させて頂きたいとも考えております

また前回、支援金捻出のためのフリーマーケット開催のための不要品を送って頂きましたが
今回も送っていただいた場合はフリーマーケット等で販売し運営資金にさせていただきたく考えます。

入金、送付等頂いたご支援に関しましては
週に一度を目安に当ブログでお名前を伏せて発表させていただく予定です
また月に一度は収支のご報告をいたします

またもし名古屋近郊にお住まいで、猫の世話等お手伝いいただける方がお見えでしたら
ぜひご支援頂ければ幸いです




下記専用口座となっています。皆様の御助力よろしくお願いいたします。

花の木シェルター 専用口座

■名古屋銀行
柳橋支店(118)
普通預金 3312294
口座名義 花の木シェルター

または

■ゆうちょ口座
記号 12180
番号 51311241
口座名義 花の木シェルター


■他行からのゆうちょ口座へのお振込みにつきましては以下になります。

店名 二一八(読み ニイチハチ)
店番 218
普通預金 口座番号 5131124
口座名義 花の木シェルター

※切手、金券、プリペイドカード等も大変有難いです。


■支援物資の送付先はこちらです。
〒451-0062
名古屋市西区花の木2丁目2-18
花の木シェルター宛
050-3649-5582

※もちろん、直接持ってきていただくのも大歓迎です。


■必要な物資

◎猫フード(療法食)
 …消化器サポート(ロイヤルカナン) 
 …食物アレルギー用 z/d(ヒルズ) 
◎トイレ砂…紙タイプが扱い易くて助かります。

・一般フード (十分ご支援頂いております)
・猫トイレ  (十分ご支援頂いております)
・ケージ   (十分ご支援頂いております)

・猫おもちゃ等 多数ご支援頂いておりますが、不要なものがありましたら頂ければ助かります。

大変厚かましいお願いとは重々承知しておりますが、何卒よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

花の木シェルターからのお知らせ掲示板

花の木シェルターの情報をいち早くお届け!

公式ホームページ URL: http://mainichijoutokai.web.fc2.com/index.html

公式インスタグラム URL: https://www.instagram.com/hananokishelter

公式ツイッター URL: https://twitter.com/hananokishelter

公式フェイスブック URL: https://www.facebook.com/hananokishelter

活動ご支援のお願い

シェルター運営のためには、多くの資金や物資が必要です。
円滑なシェルター運営と更なる活動の発展の為に皆様からの御支援宜しくお願いします。

支援金のお振込先はこちらをご覧ください
御支援のお願い

支援物資
 2段ケージ…△
 3段ケージ…△
 トイレ砂
   ┗紙砂…××
   ┗鉱物砂(ベントナイト)…○
   ┗その他…○
 ペットシーツ…×  つめとぎ…○
成猫用
 ドライフード…×
 ウエットフード…△
子猫用
 ドライフード…×
 ウエットフード…△
 粉ミルク…×××

○…十分足りてます △…必要です ×…至急必要です

応援クリックのお願い

いつもご覧いただき誠にありがとうございます!励みになります!
↓応援クリック、バナー2つをポチっとお願いします!↓
人気ブログランキング FC2ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

10月末にブリーダー崩壊レスキューの支援募集の一時停止をされた後に、シェルターあてに振り込みをした者です。私以外にも同じ立場の方々が多数おられるかと思いますが、10月末から現在までの間の入金についてのご報告は、今だにされないままなんですね。いまさらながら、こちらの事務のずさんさに驚きました。

収支報告UPありがとうございます

収支報告ありがとうございます。
しかし、疑問が1点あります。

阪田さんが支援者さんから受け取ったお金を、自分の服のポケットに入れてた所を何度かお見かけしました。
その分もきちんと計算されて、この金額なのでしょうか?
どうせされてないと思いますけどね。

再支援のお願いされましても、このように支援者の目の前で信頼を曇らせて裏切る団体には支援しません。
今の猫を全員里親に出し、活動を終了された方が良いと思います。

12/31時点の集計を出されたという事ですが
10/29~12/31までの入金分が合算されていません
残金の計算が狂うのはお気付きでしょうか?
この期間に確かに振り込みを致しました

医療費

どう考えても10月の医療費が少な過ぎる様に思えるのですが・・・
まさに状態最悪の子ばかりを多数運び込んでいるにも関わらず、7万弱しかかかっていないのが疑問です。
確かに当初は大変な状況だったとは思います。しかし、寄付金があれだけ早期に皆様より集まっているのと同様、拡散された記事の悲惨さから、今現在よりも人手はあったのではないか(通院出来たのではないか)と思うのですが・・・

11月の医療費があれだけ拡大しているのは、シェルターが落ち着いたから通院開始の運びとなった、という事なのでしょうか?
それとも支援者さん達に有無を言わさず病院へ連れて行かれてしまった結果としての医療費拡大、ということなのでしょうか?
多くの皆さんがコメントで仰られていらした様に、とにかく先ず医療費に!と考えてお金をお送り致しました。

メール等も含めて何度もお願いしているのですが、ここ、花の木「シェルター」では、具体的に保護した猫達に『どこからどこまで』の医療行為を施すのが妥当と考えていらっしゃるのか一度公にして頂けませんか?
殺処分を0にしたいだけで、病気で亡くなる子には医療行為は不要、とお考えですか?1支援者としてはそうは考えていないのですが、「活動家」というプライドをお持ちの管理人さんの明確なお考えをお示しになられてから、再支援を求めるべきなのではないかと思います。

昨年12月に仕事の関係で近くに伺った際寄ってみましたが、7:30に着いた時には既に電気も消えていました。
シェルター運営以外にも色々お忙しいのかもしれませんが、収支報告の遅さも異常に感じます。
また、「近々・・・年内・・・」等と言って来ながら、ここまで引っ張って来られている理由も語られる事なく、また「月1回報告します」と書かれても、信用して良いのかどうか・・・

最終レスキューの子達にも里親さんが決まりつつあり、大変喜ばしい事だと思います。
そろそろ今回のレスキューのおかげで「花の木シェルター」がどう成長したか、今後にどう活かせるか、管理人さんから具体的にお聞かせ願えませんか?

書き忘れました

今回のブリーダー崩壊でレスキューされた子達と、普段公園等で保護している子に扱いの差があるのであれば、それも公表下さい。
支援金がある子にはこれをします、特にない子にはこれをします、という事であれば具体的にお願いします。
その内容も支援する、しないを考える際に参考になりますので。

また、概算で今後月60万ほどかかる見込み、と書かれていらっしゃいますので、その内訳もお示し頂ければ、より支援の判断材料になると思います。

せっかく環境的には素晴らしいシェルターを管理されていらっしゃるので、末永く運営して行ける様、行き届いていない部分は是正して行かないと・・・

現場のボランティアの方々や支援者に対し、責任ある対応を切に望みます。

疑問点有ります

収入に関して不明な点があります。

10月28日以降の寄付金はゼロなのでしょうか?

これだけ拡散された状況で10月28日以降の寄付金がゼロと言うのは非常に考えにくいのですが。

再度支援を求める前にクリアにして下さい。

No title

医療費パネー。

でもこの健康状態の猫達じゃ、かかるよね。

数がいる分、消耗品だってすごい量だろうし。

少しでも暖房や空気清浄怠ると、容赦なく叩く人たちいるし、光熱費だってかかる。

あと猫のシェルター、関係者の持ち家じゃないんだ。
その為だけに家賃も払ってるのか。

雑費1万前後は分かるとして、5万ってなんだ。

しかし本格的なボランティアって、余裕ある人じゃないとできないね。

猫が好きだけじゃ無理、時間と金と体力と、鷹揚で強い心がないと。

3ヶ月を過ぎてようやく・・・

収支報告したかと思ったら、その同じ記事で再支援願いとは・・!
文章面だけは相変わらず真面目にやっている様に書かれていますが、実態がどうであるのかここだけ皆さん読んでいらっしゃるワケではないんですよ?ご存知ですよね?

あれだけの凄惨な現場からのレスキュー時と同程度の金額.60万、が今後もかかり続けて行く、という試算が出来ているのならば、その内訳を提示すべきなのでは?
残金だけでもこの先3ヶ月は運営して行ける計算なので、再支援を求めるより先に、整えるべき事があるはず。
サポートブログに掲載してある話し合いの結果「やるべき」だった事を、せめて片付けてから!!にするのがスムーズな活動へのステップだと思いますがね。

「転ばぬ先の杖」は大切な事ですが、持っている杖が間違ってますよ。



No title

支援の依頼はするがコメントは承認しないという態度はいかがなものかと思います
すでに数人の方は別の場所にコメントを記載されていますし、内容も非難ではなく運営に対する質問です。
コメントを隠すことは都合が悪いと宣言しているようにしか思えません。
納得の行く説明をしてこそのお願いではないですか?
前回は緊急ということで募金をしましたが、正直今はそういう気持ちになれません。

No title

虚言癖のある管理人にお金を渡す気にはなれない。
前回はここのことをよく知らないまま、疑いもせずに「きちんとやってくれるのだ」、という自分の思い込みだけで慌てて送金してしまったが。
足し算と引き算だけ出来れば出来るはずの収支報告が、過去に何度も「もうすぐ、もうすぐ」と言われ続けて何故今になったのか?
再支援が欲しいからアップしたのか?と勘ぐられても仕方がない。
本当にこの金額が残っているのなら、何故ボランティアさんが「持ち出し」をしなくてはならないのか?
ただでさえ、多額の支払いの立て替えをしているのに。

手伝いの一環として(現金には触らず)収支まとめましょうか?と申し出た時にも「通帳は阪田さんが見せてくれないの」と言ってたし。
この残金が残っているのかどうかも怪しいし、まだこれだけあるなら慌てて再支援再支援と言うのはおかしい。

本当に必要であるならば、やるべき事をきちんとやったあと、求めるのが筋。
必要なら振込は一瞬で出来る。
しかし、他にもいくらでもきちんとした活動をされている団体はある。

ここは全権を管理人一人が担い、ボランティアを恫喝する様なところ。
全く管理体制も社会常識もなく、多額の借金を抱える管理人個人に現金を渡す気にはなれない。

現場ボラさんに渡す、なら考えるが。

家賃?

建物は今回のレスキューのためにわざわざ借りられた訳ではないですよね?
元々、その建物を拠点に『活動家』として活動されてたんですよね?
レスキューした猫さんたちのための光熱費はわかりますが、家賃はなぜ経費計上されるんでしょうか?

虚偽報告はいりません

すでに地に落ちていますが、さらに信用を失うだけですよ。

どうして通帳を見ればわかる収入が、こんなにもズサンな管理なのですか? 個人のお金とごっちゃにしてるとしても、収入は簡単に押さえられると思いますけど。

正直なところ、振り込んだお金を返して欲しいです。お金が勿体無いのではなく、あなた方のような団体を支援してしまうこと自体、悪事に加担したようで、後悔の念でいっぱいです。

少しずつでも改善されるかと勝手な期待をした私が浅はかでした。

No title

ゴタゴタがあった後だけに、今後の寄付金集めは難しそうだね。

やっぱ不安があるところに善意のお金は渡せないし。

不利なコメントも、非公開にしていないとこは正直だと思うけど、よその里親募集のブログでは、「猫の里親募集に障り有」と管理人が判断したコメントは、結構非公開にしてるよ。

猫達の為!と盲目的なマイ正義振りかざして、管理人叩き、結果的にこのシェルターの存続と、猫の里親が見つかる機会を潰してる人も、実際多い。

シェルターの問題を改善していくのは、もちろん必要。

だけどこのシェルターは何を目的にしてるのか、その為に何をすべきかを見失わないようにね。

私は支援を継続します

小さなシェルターがいきなり数十匹の猫を保護することになったら、全てに混乱するのは当たり前のことではないかと思います。
確かに私も、なかなか猫達の状況や、何匹保護できて何匹譲渡できたのかなどが公開されないことに、少しイラっとすることはあります。
でも、大量の保護猫の世話、掃除、そして通院や体調管理に追われていたら仕方ないといつも思い直していました。

また、私はアフリカなど途上国支援の団体いくつかに定期寄付をしていますが、(ちゃんとした団体ですが)支援者に対して月ベースでこんなに詳細に頻繁に用途の報告しているところはありません。
だからルーズでよいとは思いませんが、過剰な報告義務は現場作業を遅滞さ瀬ます。東日本大震災で色々なところに寄付されてましたが、あれらの団体に寄付した方々がこれほど詳細の報告を求めていたとは思えないのです。


何よりも、このコメント欄を炎上させて良いことは何もないのではないでしょうか。
現在の資金残高で今の猫を飼育できるのがあと半年もないのでしょう。
皆で攻撃して資金が尽きてしまったら、今度はこのシェルターが崩壊してしまいます。

私は色々思うところはありますが、ここに猫達がいて、この無謀とも言えるレスキューのおかげで沢山の猫達が短期間で幸せになっている事実を支持します。
そしてこのシェルターが今の緊急事態を脱出して、譲渡が進み、元の『本来このシェルターが管理可能な規模』になるまで、細々とですが支援を続けようと思います。

みゆきさんと同じく

これまでにどんな経緯があったにせよ、今も問題を抱えているシェルターであるにせよ、まだ多くの猫たちに助けが必要であることは、事実。

みゆきさんのコメントを見て、正直ほっとしました。

私も細々と支援を続けていきます。

管理人さんもボランティアの皆様も、がんばってください。

他の方も言われていますが、何故家賃まで援助金で支払っているのですか⁇
皆苦労して働いたお金を、猫さんの命を助けて欲しくて猫さん達に援助したんですよ?家賃はご自分で汗水垂らして働いて、ご自分でお支払い下さい。その分医療費にまわして下さい。どうかお願いします。

No title

批判している人がいるようですが、税理士並に管理できる自信があるようですね。

中にはお金を着服したのを目撃したと言う人もいるようです。

そんな方、何人もいるようですから、ボランティアで手伝いに行って管理してあげたらいいのではないでしょうか??

毎日お疲れ様です

殺処分を減らそうとシェルターを開設し、実際多くの猫が救われ、
ブリーダー崩壊現場へ年末ギリギリまでレスキューに行った若者に対してあまりに厳しい意見が多すぎる気がします。

叩かれてる最中も悲惨な現場から助け出された猫達の世話は毎日続いてるのですよ。

どうか、シェルターの皆様の心が折れてしまわない様祈るばかりです。

憤慨しているみなさんは

収支報告にこだわっているわけではないと思います。

金銭、体力さまざまな形で支援した方たちが憤慨してるのは、期待した猫たちへの治療や健康管理がなされていなかったことに始まっています。
これは10月の医療費があまりにも少ないことから明らかですし、過去のコメント、サポートブログで再三要望や支援の申し出がなされていることからもわかります。

管理人さんの考える保護活動とはそういうものだったらしいので、ある意味しかたないことですが、それではいけないと支援者が半ば勝手に病院へ連れて行ったりすることで、なんとか改善されてきたわけですよね。

もともとの思想と異なるにせよ、集まってくれた支援者との話し合いで決めた約束もほとんど守らない。収支報告だって、単に費目ごとに足し算するだけなので何度も支援者から手伝いを申し出たにもかかわらず、情報は公開せずに自分でやると宣言し、その結果約束から一ヶ月以上遅れた挙句に間違っている。

そんないい加減な姿勢にみなさん憤慨しているのです。

いまは少数の支援者さんに何とか支えられていますが、彼女たちが去って行った後にこのシェルターを維持できるのでしょうか。猫の世話をしているのは、ほとんど彼女たちですよね。猫ごとのカルテを作って個体管理したり、通院したり、猫一覧の内容を考えてるのも。

こころママさんと同意見です

こころママさんが書かれているように、シェルターの考えを示してください。

ブログで批判されたのも、支援者が期待していた活動と、管理者さんの活動に違いがあったことが大きな原因でした。支援を募るなら、どのような活動方針かを明らかにし、それに賛同する方のみから気持ちよく支援していただくべきです。

管理人さんの生活費は大丈夫ですか?

以前、管理人さんはシェルターの活動に力を入れるため、平日のバイトを辞めて、生活費を支援金からいただくと聞きました。

もちろん生活費が無ければ生きていけませんので、猫のためにというなら支援金から捻出することは間違っていないと思いますが、収支報告に無いのが気になります。

管理人さんの生活は大丈夫なのでしょうか。それとも、生活費はブリーダー崩壊とは別の支援金から支出されているのですか。

No title

ここのシェルターのやり方では、支援したくとも支援しきれない、
そう思う人たちが、改善をもとめる書き込みをしてるのだと思います。
それを、手伝いもせずに文句を言っている…と捉えるのは、ちょっと幼稚すぎやしませんか?
もう全く支援しないつもりの人たちは、ここに書き込むことすらしてないと思います。
直接手を出せないのなら口も出すな、という意見は今までにもありましたが、
そういった感情的な言葉の方が、支援者を減らします。
手も必要ですが、お金も必要。だからこうして再支援の記事があがってくるのですから、無責任に支援を断るような真似、支援を減らす方向に仕切る事はやめて頂きたい。
新手の嫌がらせに見えます。
何の文句もなく、寄付したいと思う方はここで宣言などせずに振り込めばいいのです。

私も支援します

私もみゆきさん同様、支援を継続します。
できることは微々たることですが、助けられた命を見放したくありません。
それでなくても、殺処分されている命はたくさんあります。
ここで支援者の人たちが見放したら結局はおなじことの繰り返しです。
みゆきさんのおっしゃるように「このシェルターが管理可能な規模」にまでもっていけるようにしたいと思います。


私は支援を続けます。

みゆきさん、むくさん、達の意見に賛同します。
幸せになった猫達がいて、命の助かった猫達がいることは事実です。
誰しもこんな大変なレスキューが突然始まったら混乱すると思います。
何故、こんなに何度もコメント欄が荒れるのか。匿名、無記名だから何書いてもいいのか、疑問です。
もう少し長い目で見てあげて欲しいです。

でも、今この時でも猫達のお世話は続きます。寒い中、毎日お世話していただいて、それだけでありがたいです。
お体に気をつけてください。

もう少し暖かく見守りましょうよ

もう少し暖かく見守りましょうよ

攻撃的なコメントが多いですね。
みゆきさんや他の方の意見に賛同いたします。
もう少し暖かく見守りましょうよ

ポケットに支援金を入れているのを見ました
 -どのような状況だったのかわかりませんが、猫のお世話をしているときにどうぞと貰ったら、私でも、ありがとうございますとお礼を言いポケットに入れると思います。
そうではない余裕がある状態の時に頂いた場合、お名前を頂き封筒などに入れ金庫なり貴重品を入れる場所に保管する等が一番よいと思いますが、まるで着服している、代表個人が私用に使っているという証拠がないのに、ポケットに入れたことを大きく取り上げほかの支援者への心証を悪くするのはどうかと思います。

今回の支援金が崩壊現場の猫以外にも使われているのに疑問
 -同じかわいそうな保護猫じゃないですか。それを今回の猫に以外にもつかんているんですか!?なんてほんとに猫好きなのか疑います。私は保護動物に使われるのであれば、今回の保護猫以外にも使用しても全然気にしません。今回の保護猫以外にも使用する可能性もありますという文言があったら、支援しなかったのに・・・という考えなのでしょうか?

支援金の詳細連絡の遅れ
 -確かに遅いと思います。集計の協力を求めたのに断られたとのこと。
これは代表の方も今後は『お願いします』と協力を受けいれることも猫のためになることと考えを変えるべきかと思います。
ですが、強く指摘して、もう支援しません!もう団体運営をやめるべきというのは、ちょっと厳しすぎませんか?
他の団体はちゃんとしてる!という方。その団体も最初からそうでしたか?私の知っている結構大きな有名な団体は、初めは近隣住人や保護場所での住民とのトラブル、支援者たちからの批判もありました。現在もホームページで支援金を開示していますが、数か月に1回です。それでも私はかまいませんよ。
批判して突き放すのではなく、こうしたらどうですか?こうしたら、もっと支援者達の信頼を得られますよと、もっとプラスなコメントできないでしょうか?

コメント非公開
-マイナスなコメントをすべて削除する団体もあります。そういう意味では,ここの団体はまだましだと思いますよ。

代表の方の態度がマイナス印象
-ボランティアに行かれている方が代表の方に抱く印象が悪いようですね。
まだ若いようですし、これは代表の方が改めなければいけないところだと思います。
真摯な態度が支援者の輪を広げ、猫の幸せにつながります。ボランティアへの感謝を態度で示してかなければいけませんね。
支援者ももう少し余裕をもって見守ってほしいものです。やる気がない!感謝が感じられない!だからもう支援しません!というのは今後助かるであろう命にとってもよくありませんよ。

痛烈な批判コメントを続けている方。もう支援はしない、団体をすぐやめろではなく、もう少し見守りませんか?保護が必要な動物の数に対し、ボランティア団体数は少ないです。
まだお若い代表者の方のようですので、見守りましょうよ。経験と力量も少ない状態で、でも助けたい!という思いから先走ってしまったかもしれませんが、でも『自分は出来ないから』と手を差し伸べていなかったら、もう寒い時期ですし、何匹かの猫が虹の橋を渡っていたかもしれません。
今回はボランティアの方の存在は大変大きいでしょうし、そういった支援が団体を支えるのだ、助けを求めたからには支援してくださる方への感謝を示していくことが大事だと代表者の方も今回を通して学んだと思います。
(そう思いたいです)

お願いですから、あまりに痛烈な批判はやめましょうしょ。
猫好きとして心が苦しくなります。
くるねこさんのところからここへたどり着き、毎日このサイトを見ていますし、よい団体になるよう支援・見守っていきたいと思います。

名前の無いコメントは承認しない、投稿できないというルール?

こんばんは。くるねこさんのところから来て、ずっと見守ってきました。

ひとつ提案があります。名前(ハンドルネーム)の無いコメントは承認しなくても良いのではないのでしょうか?そういうルールをHPのどこかに記載にしておけば誰も文句言わないと思います。投稿自体出来なくでも良いかもしれません。

これだけのネコの数を保護し、この規模の寄付金を集めているのですから、いろいろな意見や要望があるのは仕方ないことです。その中で、建設的な意見や批判というより、ただ感情的で無礼な物言いのコメントさえも公開している姿勢は勇気あることだと感じてます。私ならとても出来ない・・・

名前を記載させるということで、書き手が感情的なコメントを投稿してしまう前に、文章を読み直してももらうことを期待できるのではないでしょうか?

名前の無いコメントは承認しない、投稿できないというルールはどうですか?

こんばんは。くるねこさんのところから来て、ずっと見守ってきました。

ひとつ提案があります。名前(ハンドルネーム)の無いコメントは承認しなくても良いのではないのでしょうか?そういうルールをHPのどこかに記載にしておけば誰も文句言わないと思います。投稿自体出来なくでも良いかもしれません。

これだけのネコの数を保護し、この規模の寄付金を集めているのですから、いろいろな意見や要望があるのは仕方ないことです。その中で、建設的な意見や批判というより、ただ感情的で無礼な物言いのコメントさえも公開している姿勢は勇気あることだと感じてます。私ならとても出来ない・・・

名前を記載させるということで、感情的なコメントを投稿してしまう前に、書き手に文章を読み直してももらうことを促すことが出来るように思えるのです。
ご検討のほどよろしくお願いいたします。

コメントに関してお願い

1/14(22:43)に送信したコメントですが、『管理者だけに表示を許可する』にチェックを入れたので、公開されていませんが、皆様のコメントを拝見し、管理者様が故意に公開していないと誤解されるのが悲しいので公開して頂きたく思います。

私が実際にシェルターに行って感じた事を書かせて頂きました。

遠方でシェルターを直接訪問する事が難しい方も居ると思います。
レスキューされた保護猫達の様子を見る為にこちらのブログやサポ日記の更新を待っている方も多いと思います。

レスキューしたから終わりではなく、そこからがスタートですので、今まさに花の木シェルターさんは大変な時期にあると思います。保護猫達が里親様のところに卒業していくまで、毎日お世話が続く中、応援、誹謗中傷が入り乱れており、シェルターの皆様が心配です。

シェルター内で意見や方針の違いもあると思いますが、大前提として皆様(代表様、ボランティア様、支援者様)は、不幸な猫を救いたいという同じ思いの元、花の木シェルターに集って活動されていると思います。

猫に個性があるように、皆様にも長所・短所、体調のいい日・悪い日、様々あると思います。互いを信頼し、認め合える関係を作りながら、花の木シェルターが成長・存続されますよう願います。

2012年8月のブログはいいですね。
猫達の様子やシェルターの日常が垣間見えるほのぼのとした内容に心癒されます。また、このようなブログが更新される日が来ますように・・・。


支援

毎日猫達のお世話お疲れ様です。

細々とになりますが私も支援を続けて行こうと思ってます。

管理人様&お世話して下さってる皆様、風邪などひかれません様に…

この2つ下の記事!

この2つ下に、こちらで寄せられたコメントに対しての管理人さんの考えや、お返事があげられています。

こちらがトップに固定されているのか、気づかない人がいらっしゃると思いますので、勝手ながらお知らせします。

No title

猫達の最近の様子はどうですか?

少しは里親見つかったりしてるんでしょうか。

私も支援します。

批判的なコメントが多くて残念に思っていましたが、暖かいコメントが増えてきて嬉しいです。
私は、寄付したお金は管理人さんにお任せすべきだと思うので厳しく収支報告しろと言う人の考えが理解できません。
私は、猫のためにこんなに一生懸命活動されてる事を本当に感謝しています。

クリオネ様へ

クリオネ様へ

収支報告をせよという流れになったのは収支報告の10月にあるとおり猫に医療費をかけていなかったのが原因だと思われます
私は直接シェルターに赴きましたが、当時は保護されて下痢や目のただれが酷い等状態が思わしくない猫たちが多数、保護後3週間過ぎても1度も病院に行っていないのを目の当たりにしています。
そんな状態を見たり聞いたりしていては、支援金はたくさん来ているはずなのに何で使われないのだろう?お金の流れはどうなっているのだろう?と思うのは当然ではないでしょうか。

保護団体として活動している組織が大型レスキューとはいえ保護した猫を3週間診察にかからせないというのは正直申し上げて異常な状態です。
伝聞ですが11月に入り他地域の活動家が介入してようやく全頭診察にむけて病院に行くようになったと聞きました。

この経緯を知って私も収支報告を見たいと思いました。
他の収支の開示を求めた方も情報量の差はあれ、似た気持ちではないのでしょうか。
報告を見たあとはやはり10月は捕獲ありきで既存の猫の治療は後回しだったのだなと落胆しましたが、同時に遅れながらも収支報告がなされた安堵もしました。

収支報告はなくても寄付する人はするでしょうが、公表されていたほうが安心して寄付できる組織として判断され、より多くの人々の支援や寄付を募りやすくなります。
報告といっても、シェルターであれば元々税務上収支は家計簿程度でもつけておかねばならないので、それらを開示するだけです。
頻度については各々考え方があるでしょうが、今後末永く、猫たちのために潤滑に組織運営およびシェルターの維持を行うためには四半期、半期でも期間はともかく収支報告は最低限必要なfことだと思いますよ。

手放しで応援できる人だけの援助で十分でシェルターが二次崩壊を起こさず、10年20年と継続できるのならば上記の意見は不要でしょうが。

少々シェルターについて辛らつなことを書いてしまいましたが、シェルターを潰したいのではなく、今後も応援してゆきたい身として書き込ませて頂きました。
私自身大きな手伝いはなかなかできず歯がゆい面もありますが、これからも応援しています。

人様の大事な金を預かってるんだから、支援者が納得する報告をするのは当たり前。

擁護してる人達は余程お人好しなんですね。

探しています

皆様にお知らせがございます。

8月26日午後14時頃スタッフのミスにより花の木シェルターから脱走致しました。
管理体制・脱走防止策が甘かった事、心より反省しております。
脱走後、すぐに近隣を探しましたが姿が見えませんでした。
当日中に迷子ポスターを作成し、見失った近辺のお宅にポスティングと情報収集を致しました。
次の日からは聞き込みと、近くのお店でポスターを貼らせて頂けないかお願いしております。
只今、情報を集める事に全力を尽くしております。何か情報がございましたら、

花の木シェルター:052-710-5973
またはメールフォームからお知らせください。

今回このような事になりまして、ご報告が遅れました事、
皆様にご心配をお掛け致しました事を心より深くお詫び申し上げます。

名前:ハチ
首輪の色:黄色(新品)
毛色:白
種類:雑種
特徴:左前足に怪我の痕
その他:西税務署前の交差点付近を浄心方面へ曲がるのを最後に見失いました。
小心者なのでどこかに隠れている可能性もございます。
DSC_0617_R.jpg 1409048250018_R.jpg
プロフィール

花の木シェルター

Author:花の木シェルター
【時間】
 13時~19時
【定休日】
 無休
【場所】
名古屋市西区花の木2-2-18
【電話】
052-710-5973
【URL】
http://mainichijoutokai.web.fc2.com/index.html
【代表】
 阪田 泰志
【設立年月日】
 2012年9月
【設立目的】
動物の殺処分の問題は、シェルターがあって、猫が保護されるだけでは根本的な問題解決にはなりません。社会全体の意識が変わる必要があると考えています。
しかし、目の前で殺処分されようとする動物を少しでも救う地道な活動も殺処分ゼロへの第一歩になります。
この問題に関心のある方が簡単に参加できる動物愛護の形が必要と考え、花の木シェルター設立に至りました。
興味のある方はお気軽にいつでもお立ち寄りください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR