レスキュー行ってきます。

ちょっと期間が開いてしまいましたが、明日レスキューに行ってきます。

正確な頭数は把握できていませんが、まだ現場に残されている子たちがいるのは事実です。
捕獲器に慣れ始めている子達も増えてきているので、今までのようにたくさん連れて帰って来るのは難しいかもしれませんが、一頭でも多くレスキューしてくるつもりです。
結果はまた追ってご報告させていただきます。

明日は現場から戻って来るのが14時~15時くらいになってしまうと思いますので、もしお手伝いに来ていただくご予定だった方は15時くらいに来て頂けると助かります。
勝手ばかり言って申し訳ありませんが宜しくお願いします。
スポンサーサイト

花の木シェルターからのお知らせ掲示板

花の木シェルターの情報をいち早くお届け!

公式ホームページ URL: http://mainichijoutokai.web.fc2.com/index.html

公式インスタグラム URL: https://www.instagram.com/hananokishelter

公式ツイッター URL: https://twitter.com/hananokishelter

公式フェイスブック URL: https://www.facebook.com/hananokishelter

活動ご支援のお願い

シェルター運営のためには、多くの資金や物資が必要です。
円滑なシェルター運営と更なる活動の発展の為に皆様からの御支援宜しくお願いします。

支援金のお振込先はこちらをご覧ください
御支援のお願い

支援物資
 2段ケージ…△
 3段ケージ…△
 トイレ砂
   ┗紙砂…××
   ┗鉱物砂(ベントナイト)…○
   ┗その他…○
 ペットシーツ…×  つめとぎ…○
成猫用
 ドライフード…×
 ウエットフード…△
子猫用
 ドライフード…×
 ウエットフード…△
 粉ミルク…×××

○…十分足りてます △…必要です ×…至急必要です

応援クリックのお願い

いつもご覧いただき誠にありがとうございます!励みになります!
↓応援クリック、バナー2つをポチっとお願いします!↓
人気ブログランキング FC2ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

素直に捕まって頂戴

とは言っても、劣悪な環境下に置かれ人間が信用出来なくなってる
所に、人間がやってきて仲間を次々に連れ去れば、警戒も酷くなるか。
残っている者に、仲間が今どうしてるなんて解らないもんなー。

なので、最終手段として、元気で人なれした子に協力してもらうって
手もあります。仲間が居れば側によってくる子もいるハズです。

ただ、あの劣悪環境に猫と長時間いる必要があるので、結構きつい
とは思います。残っている猫にこの人は安全だと見せ付けるために
は、時間が欠かせませんので。

だんだん厳しくなっているとは思いますが、頑張ってください。ただ、
逃げるだけの元気がるって所だけは少し安心してます。逃げては
欲しくないけど。

おはようございます。
そうか、まだレスキュー現場に残っている子達がいたのですね。寒くなりましたからレスキューに行かれる皆様、暖かくして作業してください。順調にいきますように☆

探しています

皆様にお知らせがございます。

8月26日午後14時頃スタッフのミスにより花の木シェルターから脱走致しました。
管理体制・脱走防止策が甘かった事、心より反省しております。
脱走後、すぐに近隣を探しましたが姿が見えませんでした。
当日中に迷子ポスターを作成し、見失った近辺のお宅にポスティングと情報収集を致しました。
次の日からは聞き込みと、近くのお店でポスターを貼らせて頂けないかお願いしております。
只今、情報を集める事に全力を尽くしております。何か情報がございましたら、

花の木シェルター:052-710-5973
またはメールフォームからお知らせください。

今回このような事になりまして、ご報告が遅れました事、
皆様にご心配をお掛け致しました事を心より深くお詫び申し上げます。

名前:ハチ
首輪の色:黄色(新品)
毛色:白
種類:雑種
特徴:左前足に怪我の痕
その他:西税務署前の交差点付近を浄心方面へ曲がるのを最後に見失いました。
小心者なのでどこかに隠れている可能性もございます。
DSC_0617_R.jpg 1409048250018_R.jpg
プロフィール

花の木シェルター

Author:花の木シェルター
【時間】
 13時~19時
【定休日】
 無休
【場所】
名古屋市西区花の木2-2-18
【電話】
052-710-5973
【URL】
http://mainichijoutokai.web.fc2.com/index.html
【代表】
 阪田 泰志
【設立年月日】
 2012年9月
【設立目的】
動物の殺処分の問題は、シェルターがあって、猫が保護されるだけでは根本的な問題解決にはなりません。社会全体の意識が変わる必要があると考えています。
しかし、目の前で殺処分されようとする動物を少しでも救う地道な活動も殺処分ゼロへの第一歩になります。
この問題に関心のある方が簡単に参加できる動物愛護の形が必要と考え、花の木シェルター設立に至りました。
興味のある方はお気軽にいつでもお立ち寄りください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR