シンバくんとルナちゃんに家族ができます

レスキュー第一陣でシェルターにきたシンバくんとルナちゃんです。
最初の記事では、ベンツくんとメグちゃんでした。

里親さんが内定(第1号です)しており、名前をつけてもらって現在シェルターではその名前で呼んでいます。

シンバくん(カメラ目線でグーパーしてます)
shinba.jpg
シンバくんは、とっても人懐っこくて甘えん坊な男の子です。
ケージの上のクロスに、乗ってふみふみ・・・。
抱っこをすればグルグル・・・。
シェルターにきてシンバくんに会うとその性格の可愛さにやられちゃう人もたくさんいます。
もちろん里親さんもその中のひとりだと確信しています!


ルナちゃん (おもちゃのねずみで遊んでいます。ちょっとピンぼけですが、あんまり可愛いので載せました)
runa1.jpg
ルナちゃんはスコティッシュの遺伝病で足が不自由です。
シェルターに来たときは、爪が巻いてしまって肉球に刺さっており病院に緊急搬送した子です。
そのときの記事を里親さんが読んでいてくださってずっと気にしておられたようです。

その後シェルターにお手伝いにきてくださった里親さんは、傷が癒えたルナちゃんが
一生懸命歩く姿をみて、涙を浮かべておられました。
ルナちゃんもすごく甘えん坊で性格の可愛い子なので、抱っこされてご機嫌でした。

そうして、ふたりの新しい家族の申し出をいただいたのです。
ルナちゃんが歩けるようになったのを見て涙をうかべて喜んでくださった優しい方が里親様になって
くれるなんてこれ以上のことはありません。

仲の良いふたり一緒で、ルナちゃんの足のこともぜんぜん気にならなくて可愛い、可愛いと
いつも言ってくださいます。

引き渡しは検査をしてもう少し、ふたりが落ち着いてからになりますが、ふたりにとびきりの
家族ができたことがとてもうれしいです。

こんな素敵な出会いがあることを、あのゴミと糞尿と悪臭にまみれた施設に足を踏み入れたときは
想像もできませんでした。
この子たちをレスキューできてよかったと心から思いました。

明日もレスキュー予定です。
だんだん警戒心が強く捕獲が難しい子が増えています。
状態のよくない子も増えてくると思います。
皆様の温かい思いを胸に頑張ってきますので、どうか応援していてくださいね。


★ご支援の物資をお送りくださる皆様へ

たくさんの支援物資をありがとうございます。

毎日たくさんのご支援が届いております。
皆様の温かいご支援で倉庫もいっぱいになりつつあり、フリマ物資や猫トイレ、一般に市販されている
フード等全体的な物資も当面十分な数を確保できそうな状況になりつつあると思います。

週末に仕分けした物資の数を確認するなど整理をし、当面確保できそうな物資を特定して改めて
ご報告させていただきます。
たくさんのご支援本当にありがとうございます。

寄付金のご報告も来週にはできるように頑張ります。お待たせして申し訳ありません。



※すみません。メールやコメントのお返事がたまっていますが、今日はちょっと限界なので
明日させていただきます。ごめんなさい。






スポンサーサイト

花の木シェルターからのお知らせ掲示板

花の木シェルターの情報をいち早くお届け!

公式ホームページ URL: http://mainichijoutokai.web.fc2.com/index.html

公式インスタグラム URL: https://www.instagram.com/hananokishelter

公式ツイッター URL: https://twitter.com/hananokishelter

公式フェイスブック URL: https://www.facebook.com/hananokishelter

活動ご支援のお願い

シェルター運営のためには、多くの資金や物資が必要です。
円滑なシェルター運営と更なる活動の発展の為に皆様からの御支援宜しくお願いします。

支援金のお振込先はこちらをご覧ください
御支援のお願い

支援物資
 2段ケージ…△
 3段ケージ…△
 トイレ砂
   ┗紙砂…○
   ┗鉱物砂(ベントナイト)…○
   ┗その他…○
 ペットシーツ…×  つめとぎ…○
成猫用
 ドライフード…×
 ウエットフード…△
子猫用
 ドライフード…×
 ウエットフード…△
 粉ミルク…×

○…十分足りてます △…必要です ×…至急必要です

応援クリックのお願い

いつもご覧いただき誠にありがとうございます!励みになります!
↓応援クリック、バナー2つをポチっとお願いします!↓
人気ブログランキング FC2ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

凄く嬉しいNEWSです。

シンバくんとルナちゃんに本当に素敵な家族が出来る良かった。
何時までも一緒に居られる何って、私も心から嬉しいです。

これを始めとして、レスキューされた子達が
一匹、一匹と幸せに導かれて行けば良いと願ってます。

これからも、私が出来る範囲で支援させて頂きたいと思います。
皆さん、お疲れだと思いますが、お身体ご自愛され
猫ちゃん達の事をよろしくお願い致します。敬具

No title

奇形や病気持ち、人慣れしない子は、里親さん探しが難しいだけにルナちゃんの引き取り手が見つかって良かったです。

幸せにやってるその後の様子を、またここで拝見することができたら尚嬉しい。

昨日の記事

多分、日本人特有の【善意は匿名で】みたいな意識が働いてしまうのだと思います
でも、その結果こちらの管理人様が伝票管理、処理等が大変やりづらくなり困ってしまうので、皆さん名前は記入しましょう
自分の名前書くの躊躇する気持ちはすごくわかるんですけどね
(^_^;)

しつこくてすみません

私自身の恥ずかしい経験ですが
Amazonでギフト設定すると、御中元や御歳暮みたいに綺麗に包装されてしまうのかしら?と思い込んでいた時がありました
そんなコトなかったです
大丈夫です

Re: 凄く嬉しいNEWSです。  リカさま

コメントをありがとうございます。
まだ、時間がなくウイルスチェックも6頭のみで
健康状態も劣悪な環境にいたため、獣医師によると猫たちの体調は全体的に
落ち着いて底上げが必要な状態のようです。
ですので、まだ、本格的な一時預かりさん探しと里親募集はかけていないの
ですが、シンバくんとルナちゃんは、お手伝いにきてくださって
いる支援者さまで、お人柄も保証済みなので本当にありがたいです。
ルナちゃんは、足が奇形で不自由なんですが、実際に動いて甘える
ルナちゃんをみると皆がファンになってしまうような愛らしい子
なんですよ。
奇形や状態の悪い子、人間が怖い子など、まだまだレスキューした子達は
いろんな問題を抱えていますが、こんなふうに、いい出会いがあることを
願っています。

Re: No title

コメントをありがとうございます。
本当に、そうですね。

まだ先になると思いますが、この子たちの嬉しいご報告がこのブログでできることを
願っています。

Re: 良かった♪ 鍵付きコメントのMさま

ご丁寧で温かいコメントをありがとうございました。
そうなんです。
まだ、猫たちの状態が落ち着いていないので本格的な募集はかけて
いないんです。
先住猫ちゃんがいるお宅も多いと思いますので、感染症のリスクが
なくなってから募集をかけたいと思っているんです。
先ほど、メールをさしあげましたが、届いておりますでしょうか?

嬉しいご報告

里親様第一号の決定、とても嬉しく拝見しました。涙出ちゃいました。

レスキューされた猫さん達の体力・体調の底上げが出来る様長く支援したいと思ってます。

猫さん達の体力が回復して、シンバ君とルナちゃんの様な幸せな出会いがみんなに訪れます様に。

探しています

皆様にお知らせがございます。

8月26日午後14時頃スタッフのミスにより花の木シェルターから脱走致しました。
管理体制・脱走防止策が甘かった事、心より反省しております。
脱走後、すぐに近隣を探しましたが姿が見えませんでした。
当日中に迷子ポスターを作成し、見失った近辺のお宅にポスティングと情報収集を致しました。
次の日からは聞き込みと、近くのお店でポスターを貼らせて頂けないかお願いしております。
只今、情報を集める事に全力を尽くしております。何か情報がございましたら、

花の木シェルター:052-710-5973
またはメールフォームからお知らせください。

今回このような事になりまして、ご報告が遅れました事、
皆様にご心配をお掛け致しました事を心より深くお詫び申し上げます。

名前:ハチ
首輪の色:黄色(新品)
毛色:白
種類:雑種
特徴:左前足に怪我の痕
その他:西税務署前の交差点付近を浄心方面へ曲がるのを最後に見失いました。
小心者なのでどこかに隠れている可能性もございます。
DSC_0617_R.jpg 1409048250018_R.jpg
プロフィール

花の木シェルター

Author:花の木シェルター
【時間】
 13時~19時
【定休日】
 無休
【場所】
名古屋市西区花の木2-2-18
【電話】
052-710-5973
【URL】
http://mainichijoutokai.web.fc2.com/index.html
【代表】
 阪田 泰志
【設立年月日】
 2012年9月
【設立目的】
動物の殺処分の問題は、シェルターがあって、猫が保護されるだけでは根本的な問題解決にはなりません。社会全体の意識が変わる必要があると考えています。
しかし、目の前で殺処分されようとする動物を少しでも救う地道な活動も殺処分ゼロへの第一歩になります。
この問題に関心のある方が簡単に参加できる動物愛護の形が必要と考え、花の木シェルター設立に至りました。
興味のある方はお気軽にいつでもお立ち寄りください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR